topimage

第476回 “天の海に” 2012.10.1 - 2012.10.01 Mon

浜松から帰ってきました。初日を盛況で終え、翌日は滅多にない台風直撃!!公演を実行することに決め、今までにない大嵐の中での公演が2日目でした。キャンセルのお客様があいつぎましたが、当然のこととして受け止め、それでもお越し下さったお客様に満足してお帰りいただけるようにと願いました。また機会があればお伝えすることもあると思いますが、停電もあったようで、それでも最後まで公演できたのはスタッフの方々の技術力でした。予想もしないトラブルもあり、汗だくとなりましたが、暴風雨の中、心に月が見えるかな?と言って終わりました。そうすると、お客様が帰られるとき、何と満月が見えていたそうです。「空を見上げて帰られてましたよ。」という言葉を聞いて、こんな奇跡もあるものだと大変嬉しく思いました。
さて、今月からはポーランド公演に向けてスイッチを替えます。日本の素晴らしさを音楽・うたでお伝えしていけるよう、邁進します。





美知~私のお気に入り~③「蓬莱泉 純米大吟醸 “ 空 ”」 - 2011.09.02 Fri

cata_hou_002_kuu[1]

「蓬莱泉 純米大吟醸 “ 空 ”」


和歌劇の脚本を務めてくださっている
菅沼登先生のお母様のご実家・蓬莱泉。
ラベルの字も好きです。

差し入れで、ときどきこの「空」をお持ちくださいます。
このお酒を飲んで、日本酒の概念が変わりました。
茶論にて乾杯の際にお出ししています。




美知~私のお気に入り~②「C.BECHSTEIN Palisander 1889年製」 - 2011.08.01 Mon

bech(u).gif

「C.BECHSTEIN Palisander 1889年製」

縁あって茶論に鎮座する
1889年製のベヒシュタイン(アップライトピアノ)は、
第一次世界大戦、第二次世界大戦と戦火を潜り抜けてきた、
歴史の生き証人です。

このピアノに出会ったのは、ちょうどうたまくら社を設立した頃でした。
私は「幸運の女神」だと直感し、絶対に手元に置きたいと思いました。
それから共に20年。
荒木の大修理を経て、より深みのある美しい音色を奏で、
また、CDや公演のための音源録音でも活躍しています。





美知~私のお気に入り~① 「流水紋かんざし」 - 2011.07.01 Fri

ryuusuimonn.jpg

かづら清老舗 純金蒔絵「流水紋かんざし」

着物を着た時につける「これ」というかんざしを、ずっと見つけたいと思っていました。
“言の葉"CDジャケットの写真のヘアメイクを担当してくださった三橋ただしさんが、
私の考えていることとまったく同じことをおっしゃってくださったので、
どこで見つけられるかな と聞いてみたところ、
「京都“かずら清”かな?」 と教えてもらいました。

さっそく行ってみると、まさしく “美知” です。
流水紋~水の流れ゛循環″そして時の流れ゛歴史″をあらわす~
の 1点もののかんざしと出会いました。
一生涯身につけたいと思っています。






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

naomi utamakura

Author:naomi utamakura
歌枕直美(うたまくら なおみ)

歌手・作曲家・音楽プロデューサー

言葉には力がある、その様な万葉集の和歌に日本人の心の原点を感じ、西洋音楽と融合させ、CD「みやびうた~音楽で綴る万葉集」シリーズを、1997年より発表。万葉集を音楽にして現代に活かす先駆者となる。さらに2002年より、万葉集を根幹に古事記、日本書紀に伝わる和歌を歌うことにより歴史の中にある知恵を表現する新しい舞台芸術「和歌劇~和歌と映像で語る歴史物語」を創作し、国内外で公演。ヨーロッパ公演では、”日本の心を感じた”との評価を得る。また、各地に残る歴史文化を再発見し、その中にある知恵を新たに展開していこうという試み「歴史的建築物を生かすコンサート」を企画し、10年以上に亘り行っている。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
エッセイ ゛美知″ (257)
私のお気に入り (4)
番外編 (15)
エッセイ“新美知” (83)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

RSSリンクの表示