FC2ブログ
topimage

第778回 “年末はうたまくらへ” 2018.11.15 - 2018.11.15 Thu

年末が近づいてきました。例年クリスマス忘年会を数日に渡り催していましたが、今年は5日間予定しています。病気の後は中々数日間する事は無理がありました。ところが今年は5日間大丈夫!と確信でき何ともいえず有難いことです。1年ぶりにお目にかかれる方もいらっしゃり、年末は顔を見せなければならないと思ってくれるのが嬉しいです。また、参加者の皆さんの個性が際立ち、演奏だけではなく話しも面白く、大阪は凄いです。クリスマス料理は我ながら美味くいってる気がしてますので、乞うご期待。ナビゲーターに徹する5日間が、楽しみで仕方ありません。日常にないライブ感大切にしたいです。




第777回 “新春発表会に寄せて” 2018.11.8 - 2018.11.08 Thu

歌枕直美音楽教室は3歳から80代の幅広い年齢層の生徒様に恵まれています。ピアノ、歌のレッスンですが、お一人お一人の背景を感じながら向き合わせてもらっています。1月の発表会では嬉しい傾向が見えてきました。男の子がピアノなんて!という話しは良く聞いていましたが、歌枕では合唱の伴奏をしたいと思ってくれる男の子が続出!!学校で卒業式を含め立候補、そして発表会でもピアノ工房合唱団の伴奏を務めてくれるのです。ピアノ工房合唱団はこの時期だけの合唱団で今年誕生し、この時期だけの大人、子供が混じった選りすぐりのメンバーです。来年の1月の発表会もどんなドラマが生まれるか楽しみです。先日食道癌の宣告をこえて素晴らしいリサイタルを成功なさった伊藤紘一郎さんも歌ってくださる、新春発表会。私も皆さんからエネルギーいただいてます。



第776回 “仁徳” 2018.11.1 - 2018.11.01 Thu

いよいよ堺能楽堂コンサートが近づいてきました。ある日、堺でコンサートをしなさいと、どこからか声が聞こえてきて、場所探しからスタートしました。素晴らしい響きの能楽堂に出会え、その上オーナーの大澤さんの稀有な存在感に、感激しました。また、仁徳天皇にまつわる話の面白さも知ることができ、皆さまに伝える事ができるのが楽しみです。幅広い層のお客様に恵まれ、ギリギリまで、考えぬいて楽しい舞台を心がけたいです。1日1日が、充実した11月になりそうで、気が引き締まり、身体も引き締まりますように!


■公演情報................................................................................................

歌枕直美「やまとうたコンサート」〜仁徳天皇によせて〜
やまとうた11月公演チラシ_ページ_1 やまとうた11月公演チラシ_ページ_2
(チラシ画像をクリックすると拡大されます)

日時…11月25日(日)開演:14:00 開場:13:30
会場…堺能楽会館(大阪府堺市堺区大浜北町3−4−7−100)
*詳しい情報・お申し込みは…うたまくらHPコンサート情報



第775回 “10月10日” 2018.10.25 - 2018.10.25 Thu

10月10日、私の誕生日の翌日、奈良県立医科大学 田中康仁先生のお声がけをいただき、やまとぢからと歌いあげられた日本整形外科学会基礎学術集会、晩餐会において、田中ご夫妻にようやくご挨拶ができました。当日の選曲から、いたるところまで、田中先生をサポートなさる奥様の存在が際立っておられ、とにかく御夫妻に御礼を申し上げたいと思っていたところ、楽屋にわざわざお越しくださったので、パチリ!
田中ご夫妻にお目にかかれたことが、私にとって 1日遅れの誕生日プレゼントでした。1年前ご依頼をいただいた日から、私にとってはこの日がある意味目標でした。こんなことが実際にあるなんて、、。生きていればそのような事が本当にあります。先生方との縁を大切にしたいと深く心に、刻みました。

IMG_1571.jpg



第774回 “前進” 2018.10.18 - 2018.10.18 Thu

10月は私にとって大きな節目になります。先週は、重要な医学的学会において、やまとうたを歌わせていただきました。1年がかりの私の目標でもあった学会です。翌日は生まれて初めての国歌斉唱。緊張は半端なかったですが、無事に大役を果たせて安堵しました。そして、うたまくら社の税務調査が10年ぶりにありました。おかげさまで無事に終わり、ひとまず息をつきました。27年の歴史が、心にズシンときました。その後、何といっても、来週催される、伊藤さんのコンサートの、私の心がまえ。この日にかける80歳のコンサート。翌日の明日香でのコンサートには、伊藤さんの素晴らしい生きる力をいただいて、新たなやまとうたをお届けできるように、練習中です。心底、人は一人では生きていけないと、私自身名サポートをたくさんの方から頂戴し実感しています。歳も一つ重ねる事ができました。どうぞこれからも、よろしくお願いします。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

naomi utamakura

Author:naomi utamakura
歌枕直美(うたまくら なおみ)

歌手・作曲家・音楽プロデューサー

言葉には力がある、その様な万葉集の和歌に日本人の心の原点を感じ、西洋音楽と融合させ、CD「みやびうた~音楽で綴る万葉集」シリーズを、1997年より発表。万葉集を音楽にして現代に活かす先駆者となる。さらに2002年より、万葉集を根幹に古事記、日本書紀に伝わる和歌を歌うことにより歴史の中にある知恵を表現する新しい舞台芸術「和歌劇~和歌と映像で語る歴史物語」を創作し、国内外で公演。ヨーロッパ公演では、”日本の心を感じた”との評価を得る。また、各地に残る歴史文化を再発見し、その中にある知恵を新たに展開していこうという試み「歴史的建築物を生かすコンサート」を企画し、10年以上に亘り行っている。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

未分類 (6)
エッセイ ゛美知″ (257)
私のお気に入り (4)
番外編 (15)
エッセイ“新美知” (108)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

RSSリンクの表示