topimage

第684回“言霊”2016.12.27 - 2016.12.27 Tue

今年は大変な年でした。でも、周りのスタッフの大きな力をかりて、茶論で知人達がクリスマスに集まってくれました。来年タイミングを見計らい茶論から復帰できたらと願っているので、関係者が協力して集まってくださいました。発病以来お目にかかっていない知人も顔をそろえてくださり、不安もどこ吹く風、クリスマスが終わると共に、あたらしい風が吹きました。料理はシュミレーションをし、一切を任す事ができ、来年にむけて、準備が着々と進んでいると安心しました。何せ私は食べてるだけ!申し訳ないて思いながらも、美味しいと楽しみながら食べ尽くしました。そして何よりも、知人たちの一言一言に勇気を頂戴しました。年内にまさかこれだけの知人にお目にかかれるなんて、思いもよらなかった事で喜び一杯でした。
最後に、言霊は存在します。私は知人たちに、良い言霊を沢山いただきました。今年のエッセイは今回でお休みとなります。皆さん、見守って下さってありがとうございました。来年の展開が私自身楽しみです。どうぞ良いお年をお迎えください。ありがとうございました。

1IMG_4486.jpg 2IMG_8411.jpg

3IMG_4495.jpg 4IMG_4721.jpg

5IMG_4616.jpg 6IMG_4740.jpg

7IMG_4741.jpg 8IMG_4730.jpg

9IMG_4615.jpg 10IMG_4744.jpg

11IMG_8351.jpg 12IMG_4623.jpg





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

naomi utamakura

Author:naomi utamakura
歌枕直美(うたまくら なおみ)

歌手・作曲家・音楽プロデューサー

言葉には力がある、その様な万葉集の和歌に日本人の心の原点を感じ、西洋音楽と融合させ、CD「みやびうた~音楽で綴る万葉集」シリーズを、1997年より発表。万葉集を音楽にして現代に活かす先駆者となる。さらに2002年より、万葉集を根幹に古事記、日本書紀に伝わる和歌を歌うことにより歴史の中にある知恵を表現する新しい舞台芸術「和歌劇~和歌と映像で語る歴史物語」を創作し、国内外で公演。ヨーロッパ公演では、”日本の心を感じた”との評価を得る。また、各地に残る歴史文化を再発見し、その中にある知恵を新たに展開していこうという試み「歴史的建築物を生かすコンサート」を企画し、10年以上に亘り行っている。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
エッセイ ゛美知″ (257)
私のお気に入り (4)
番外編 (15)
エッセイ“新美知” (83)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

RSSリンクの表示