FC2ブログ
topimage

第560回 “ピアニッシモ” 2014.6.24 - 2014.06.24 Tue

先週末は山口県岩国市へ行ってきました。中学校の公演は聴いてもらえるかどうかが不安でしたが、すばらしく教育のいき届いた中学校で、しっかり集中してもらえて、いえ、ガサガサせず座ってもらっていて助かりました。またその子供たちのさわやかさと日常の教育のあり方にとても感動しました。今回お世話になったピアノニストの高橋さんとは2回目のジョイントコンサートをさせてもらいました。ピアノという楽器の有り方について共感しあえる数少ないピアニストでいらっしゃいます。ピアニッシモを奏でることができる奏者は本物だと私は思っていてそういう意味においても素晴らしいピアニストです。岩国という場所が縁あるところであれば、またきっと御一緒できるでしょうし、これからの希望がわいてきます。余談ですが、中学校の体育館で私がマイクを使っていたか、使っていなかったかで論争がおきているとの話を小耳にはさみました。もちろん使っていないのですが、大きな声で論争になる現状にまだまだ未熟ものと苦笑いです。





● COMMENT ●

お疲れ様でした。

コンサートブログで、岩国の中学校での公演を写真にて拝見させて頂きました。ピシッと“綺麗”!。集中されている様子で、いい公演であった事でしょう。大阪では考えられない?失礼。
ピアニッシモを美しく奏でるのは、本当に難しく、でも究極の表現です。是非、次の機会には行かせて頂きたいです。錦帯橋にも、行ってみたいですし。

妹尾様

是非是非、次の機会にお願いします!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://naomiutamakurablog.blog55.fc2.com/tb.php/163-d5a18214
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/06/25 09:01)

岩国市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

第561回 “イラチ” 2014.07.01 «  | BLOG TOP |  » 第559回 “ホタルへのごあいさつ” 2014.6.17

プロフィール

naomi utamakura

Author:naomi utamakura
歌枕直美(うたまくら なおみ)

歌手・作曲家・音楽プロデューサー

言葉には力がある、その様な万葉集の和歌に日本人の心の原点を感じ、西洋音楽と融合させ、CD「みやびうた~音楽で綴る万葉集」シリーズを、1997年より発表。万葉集を音楽にして現代に活かす先駆者となる。さらに2002年より、万葉集を根幹に古事記、日本書紀に伝わる和歌を歌うことにより歴史の中にある知恵を表現する新しい舞台芸術「和歌劇~和歌と映像で語る歴史物語」を創作し、国内外で公演。ヨーロッパ公演では、”日本の心を感じた”との評価を得る。また、各地に残る歴史文化を再発見し、その中にある知恵を新たに展開していこうという試み「歴史的建築物を生かすコンサート」を企画し、10年以上に亘り行っている。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
エッセイ ゛美知″ (257)
私のお気に入り (4)
番外編 (15)
エッセイ“新美知” (101)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

RSSリンクの表示