topimage

第741回 “青春時代” 2018.2.14 - 2018.02.14 Wed

30年以上前、写真家の白川義員さんの写真、そして考え方に感動し、生き方に影響を受けることができました。しばらく写真展もご無沙汰してしまっていましたところ、先週NHKにて、白川さんの番組があり、82歳になられたご本人と、変わられない生き様に感動しきり!ぶれていない生き方、今の私にとって励みになる番組でありがたかったです。そこに旧友が、その番組を見て、私を思いだして連絡をくれました。10代から20代の時期の面映い状況を思い出し、人は影響しあって生きていくんだと再認識しました。それにしても、白川さんが話されていたマッターホルンに憧れ、実際足を運んだ30年前。第1期の青春時代だったのかもしれません。今は第何期か?よくわかりませんが、今も青春時代真っ盛りです。


● COMMENT ●

今が青春?

生き方に影響を受けるって、凄い事ですね。私事ですが、歌枕さんとのご縁があり今の私があります。まさかこの年で、音楽に関わらせて頂く仕事をしているとは、幸せなことだと思います。私も、今青春でしょうか???

妹尾さま

もちろん、青春時代を今謳歌しておられます!

直美さん、こんにちは
人は影響し合って生きている…
本当にそう思います。
いつもそばにいる家族や友達だけでなく、
長い人生を生きて来られた施設の利用者さんや日々言葉を覚えていく孫からも毎日のように影響を受けています。
その時々のキラキラした気持ちはまさに青春です!
直美さんの歌声や思想、生き方も
多くの方に強い影響を与えています。
直美さんも妹尾さんも私も同い年。
青春真っ只中ですよね☻

友田さま

ご無沙汰してます。まさに青春、お孫さんにも恵まれ素敵ですね。また、お目にかかりたいです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://naomiutamakurablog.blog55.fc2.com/tb.php/357-6826c624
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第742回 “金曜日の別れ” 2018.2.21 «  | BLOG TOP |  » 第740回 “春に寄せて” 2018.2.7

プロフィール

naomi utamakura

Author:naomi utamakura
歌枕直美(うたまくら なおみ)

歌手・作曲家・音楽プロデューサー

言葉には力がある、その様な万葉集の和歌に日本人の心の原点を感じ、西洋音楽と融合させ、CD「みやびうた~音楽で綴る万葉集」シリーズを、1997年より発表。万葉集を音楽にして現代に活かす先駆者となる。さらに2002年より、万葉集を根幹に古事記、日本書紀に伝わる和歌を歌うことにより歴史の中にある知恵を表現する新しい舞台芸術「和歌劇~和歌と映像で語る歴史物語」を創作し、国内外で公演。ヨーロッパ公演では、”日本の心を感じた”との評価を得る。また、各地に残る歴史文化を再発見し、その中にある知恵を新たに展開していこうという試み「歴史的建築物を生かすコンサート」を企画し、10年以上に亘り行っている。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
エッセイ ゛美知″ (257)
私のお気に入り (4)
番外編 (15)
エッセイ“新美知” (88)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

RSSリンクの表示