FC2ブログ
topimage

第742回 “金曜日の別れ” 2018.2.21 - 2018.02.21 Wed

オリンピックに一喜一憂しながら、体調良く春にむかっています。オリンピック選手の精神的な強さに感動し、あり方は違いますが、自分自身も奮い立ちます。モチベーションを保ち続ける大変さは並大抵のことではなく、私の場合は、回りの支えがあってこそ、保てる精神力であり、幸運でした。限られた時間の尊さを感じ日々を過ごせることも。今週の金曜日の夜には、茶論を支えてくださったwさんが最後の参加と言うことで、どうお礼を伝えれるか思案中です。出会い、別れ、美しい出来事です。


● COMMENT ●

春に向けて、出会い、別れ

wさんが、最後の参加なんですね。人生の大先輩で、多くの生徒さん方がWさんに刺激を頂き、自分もまだまだ頑張らなくてはと感じられたこと方が多いと思います。
 春が、少しずつ近づいています。春に向けて新しい出会い、別れ、レッスンにおいてもあると思います。歌枕さんとも、“劇的”な出会いだったと思います。ご縁あり、このように長~いお付き合いになるなんて嬉しい限りです。

妹尾さま

春夏秋冬、人生に、重なりますね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://naomiutamakurablog.blog55.fc2.com/tb.php/358-db22c5cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第743回 “ボーイズ” 2018.2.28 «  | BLOG TOP |  » 第741回 “青春時代” 2018.2.14

プロフィール

naomi utamakura

Author:naomi utamakura
歌枕直美(うたまくら なおみ)

歌手・作曲家・音楽プロデューサー

言葉には力がある、その様な万葉集の和歌に日本人の心の原点を感じ、西洋音楽と融合させ、CD「みやびうた~音楽で綴る万葉集」シリーズを、1997年より発表。万葉集を音楽にして現代に活かす先駆者となる。さらに2002年より、万葉集を根幹に古事記、日本書紀に伝わる和歌を歌うことにより歴史の中にある知恵を表現する新しい舞台芸術「和歌劇~和歌と映像で語る歴史物語」を創作し、国内外で公演。ヨーロッパ公演では、”日本の心を感じた”との評価を得る。また、各地に残る歴史文化を再発見し、その中にある知恵を新たに展開していこうという試み「歴史的建築物を生かすコンサート」を企画し、10年以上に亘り行っている。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
エッセイ ゛美知″ (257)
私のお気に入り (4)
番外編 (15)
エッセイ“新美知” (101)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

RSSリンクの表示