topimage

第761回 “愛おしく” 2018.7.12 - 2018.07.12 Thu

蝉の声と共に、秋に向かっての風を感じます。嬉しい事に、枚岡神社において、音絵巻を公演させていただきます。春ご都合つかず参加いただけなかったお客様もお申込みがあり、また、枚岡ならでのお客様に恵まれ嬉しい限りです。少人数制の贅沢さを満喫してもらえるように、しっかり向き合って準備していきます。あー、もうすぐ年末!と大騒ぎする時期となってきました。1つ1つの目標を達成できるように日々のさりげない努力に向き合いたいです。こんなに蝉の鳴き声が愛おしく感じれる事が、今日の気づきでした。


● COMMENT ●

もうすぐ秋?

もう秋ですか?でも確かに、もう秋を感じるくらい先をイメージしなくてはいけませんね?枚岡神社での再演、とても嬉しいです。そして、堺の能楽会館という初めての場所での初めての内容での公演、どんな雰囲気なのか、楽しみです。宜しく御願い致します。

妹尾さま

まだまだ変化していきます。動物的な感覚、大切にしますので、よろしくお願いします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://naomiutamakurablog.blog55.fc2.com/tb.php/381-a1b36e93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |  » 第760回 “普通” 2018.7.5

プロフィール

naomi utamakura

Author:naomi utamakura
歌枕直美(うたまくら なおみ)

歌手・作曲家・音楽プロデューサー

言葉には力がある、その様な万葉集の和歌に日本人の心の原点を感じ、西洋音楽と融合させ、CD「みやびうた~音楽で綴る万葉集」シリーズを、1997年より発表。万葉集を音楽にして現代に活かす先駆者となる。さらに2002年より、万葉集を根幹に古事記、日本書紀に伝わる和歌を歌うことにより歴史の中にある知恵を表現する新しい舞台芸術「和歌劇~和歌と映像で語る歴史物語」を創作し、国内外で公演。ヨーロッパ公演では、”日本の心を感じた”との評価を得る。また、各地に残る歴史文化を再発見し、その中にある知恵を新たに展開していこうという試み「歴史的建築物を生かすコンサート」を企画し、10年以上に亘り行っている。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
エッセイ ゛美知″ (257)
私のお気に入り (4)
番外編 (15)
エッセイ“新美知” (91)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

RSSリンクの表示