FC2ブログ
topimage

第763回 “熱中症” 2018.7.26 - 2018.07.26 Thu

来月は夏の発表会が、ピアノ工房にてあります。ベヒシュタインの響きを感じてもらえると嬉しいのですが、さて、私も随分元気になったので、何から面白い事が出来たらと思っています。教室も27年となりました。出会い、別れを積み重ね、風合いのある発表会に育っています。ホールの発表会とは違った世界。わざわざ遠方から見学に来ていただける、うたまくらの発表会。私たちも共に成長できるように努力あるのみ。私はマネージャメントを精一杯向き合っての毎日。蝉には負けない情熱先生達、私が熱中症にならないようにきをつけます。


● COMMENT ●

頑張ってます!?

汗をかき(冷や汗?)頑張っているつもりですが、なかなか思うように出来ません。生徒さんのほうが、エネルギッシュに頑張っておられ、エネルギーを頂いています。生徒さんと共に本番に向けて、努力していきたいと思います。ご指導、宜しくお願い致します。

妹尾さま

どこまでも未完成が、良いことだと思うます!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://naomiutamakurablog.blog55.fc2.com/tb.php/383-b5db72fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第764回 “日差し” 2018.8.2 «  | BLOG TOP |  » 第762回 “鳥のうた” 2018.7.19

プロフィール

naomi utamakura

Author:naomi utamakura
歌枕直美(うたまくら なおみ)

歌手・作曲家・音楽プロデューサー

言葉には力がある、その様な万葉集の和歌に日本人の心の原点を感じ、西洋音楽と融合させ、CD「みやびうた~音楽で綴る万葉集」シリーズを、1997年より発表。万葉集を音楽にして現代に活かす先駆者となる。さらに2002年より、万葉集を根幹に古事記、日本書紀に伝わる和歌を歌うことにより歴史の中にある知恵を表現する新しい舞台芸術「和歌劇~和歌と映像で語る歴史物語」を創作し、国内外で公演。ヨーロッパ公演では、”日本の心を感じた”との評価を得る。また、各地に残る歴史文化を再発見し、その中にある知恵を新たに展開していこうという試み「歴史的建築物を生かすコンサート」を企画し、10年以上に亘り行っている。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
エッセイ ゛美知″ (257)
私のお気に入り (4)
番外編 (15)
エッセイ“新美知” (96)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

RSSリンクの表示