FC2ブログ
topimage

第765回 “我が友よ” 2018.8.9 - 2018.08.09 Thu

今年になって、茶論は定例どおり、コンサートを催すことができるようになりました。金曜日の夜には月2回。参加者の皆様の演奏を中心にコンサート。そしてお食事を楽しんでいただく会です。常連のお客様が多いですが、ひょこっと此処ぞという時に顔を見せてくださる方もいらしてくださり、嬉しい限りです。少人数制だからこそできる事を努力していきたいと思っています。自慢のベヒシュタインは、1889年生まれ。うたまくらピアノ技術者荒木欣一が大修理をほどこし生まれ変わりました。先日、私が中々弾けないため、ベヒシュタインに謝りました。皆さんが心込めて弾いてくださるから、よろしくね!と真面目な話、語りかけ撫でました。そしたら、より弾き手の心情をそのまま表現してくれるようになりました。やはり、語りかけは必要でした。そんな訳で我が茶論の友は健在です。

IMG_8016 のコピー





● COMMENT ●

明日も、宜しく御願い致します。

茶論の歌枕さんの“お友達”は、なかなか手強く、心を見透かされているようで、なかなか本来の素晴らしい音色を、奏でて頂けません。でも、気持ちを込めて向き合っていけば近くなってくるでしょうか?さあ、明日も月2回のお楽しみ、「金曜の夜に」です。宜しく御願い致します。

大昔の「私」に会えました!

日曜日は、コンサート有難うございました。楽しい時間であり、今回のお話には、
大昔の「私」を登場させていただき、とても嬉しかったです。やはり、大昔から、性格は変わらないのかなという実感です。歴史が身近に感じられ、繋がっていくのは先生方のおかげです、有難うございます。
9月枚岡公演では、回を重ねてお越しいただける皆さまが待ってくださっています。
どうぞよろしくお願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://naomiutamakurablog.blog55.fc2.com/tb.php/385-91290c05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第766回 “夏一番” 2018.8.16 «  | BLOG TOP |  » 第764回 “日差し” 2018.8.2

プロフィール

naomi utamakura

Author:naomi utamakura
歌枕直美(うたまくら なおみ)

歌手・作曲家・音楽プロデューサー

言葉には力がある、その様な万葉集の和歌に日本人の心の原点を感じ、西洋音楽と融合させ、CD「みやびうた~音楽で綴る万葉集」シリーズを、1997年より発表。万葉集を音楽にして現代に活かす先駆者となる。さらに2002年より、万葉集を根幹に古事記、日本書紀に伝わる和歌を歌うことにより歴史の中にある知恵を表現する新しい舞台芸術「和歌劇~和歌と映像で語る歴史物語」を創作し、国内外で公演。ヨーロッパ公演では、”日本の心を感じた”との評価を得る。また、各地に残る歴史文化を再発見し、その中にある知恵を新たに展開していこうという試み「歴史的建築物を生かすコンサート」を企画し、10年以上に亘り行っている。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

未分類 (6)
エッセイ ゛美知″ (257)
私のお気に入り (4)
番外編 (15)
エッセイ“新美知” (104)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

RSSリンクの表示